よくある質問
Q and A
HOMEご相談から施工までの流れ>Q&A

よくある質問 Q&A

1.『トクエホーム』って、会社の名前ですか?

新聞のチラシ、各種広告などで『トクエホーム』と表記していますが、『トクエホーム』とは住宅を取扱うブランド名で、会社名ではありません。
会社名は、有限会社西川技建工業(にしかわぎけんこうぎょう)という社名です。

ページの先頭に行く


新築について

2. 家を建てたいと思ったら、どれぐらい前に相談すればよいのでしょうか?

当社に依頼されるお客様は、打合せから完成まで8ヶ月から1年くらいはかかっています。
いつ頃までに完成させたいというご希望があれば、そこから遡って考えていただいたほうがいいと思います。

ページの先頭に行く

3. 現在建築する土地がない場合にはどうすればいいですか?

設計相談の時点でお伺いできれば、不動産業者を通じてお探しすることができます。建築の専門家として、土地に対するアドバイスもさせていただいております。

ページの先頭に行く

4. 決まった間取りプランから選ばないといけないのですか?

間取りは自由です。一邸一邸、ご家族のくらしに合った間取りプランのご提案をしております。なんでもご相談ください。

ページの先頭に行く

5. 工事中の現場を見ることはできますか?

弊社では、「現場をショールームのようにキレイに」を目標にして、現場ショールーム化に取り組んでおり、ご連絡いただければいつでも工事中の現場を見ていただけます。
また、随時工事中の現場がご覧いただける「構造現場見学会」、完成した住宅がご覧いただける「完成現場見学会」を開催しておりますので、お気軽にご来場・ご見学ください。
トクエホームの家づくりをご理解していただくためにも、工事中の現場をご覧いただくようお勧めしています。

ページの先頭に行く

6. 長期優良住宅の認定を受けたいのですが、どんな手続きをすればいいのでしょうか?

長期優良住宅の認定を受けるためには、着工前に認定申請をする必要があり、認定を受けた後に着工することとなります。具体的には、規則第1号様式に定められた認定申請書に規則第2条に規定する添付図書を添えて申請する必要がありますが、当社が代行ですべての手続きを行います。

ページの先頭に行く

7. 他社のチラシなどで驚くほど安い価格を見かけますが、本当にそれで家が建つのでしょうか?

家本体だけの金額を示す建物本体価格を表示する住宅メーカーが大半ですが、家はその金額だけでは建ちません。別途、付帯工事費として、確認申請費・地盤調査対策費・外構造成費・各種申請費などがかかるのが一般的です。引越しや家具・家電の購入などの費用もかかります。
ご検討の際は、どの工事まで含まれている見積金額であるかをご確認の上、資金計画を立てられることをお勧めします。

ページの先頭に行く

8. 住宅ローンのアドバイスもしてもらえますか? 

住宅ローンアドバイザーが客観的な立場でお客様にとってどの金融機関のどの住宅ローンが良いか、適格にアドバイスさせていただきます。もちろん融資の事前審査及び、本審査のお手伝いもさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

ページの先頭に行く

9. 建物のアフターフォローはどのようになっていますか? 

お引渡し後、定期的にお伺いし点検を行っております。新築の場合、6ヶ月、1年、2年、5年、10年を基本的な点検時期とさせていただいております。

ページの先頭に行く

10. 新築住宅の工期はどれ位ですか?

工期は新築工事で約3ヶ月半から5ヶ月かかります。設計のお打ち合わせから、着工そして竣工まで入れると、8ヶ月程度かかります。土地探しからお考えのお客様の場合、さらに前もって進めていくことが必要になります。

ページの先頭に行く

11. よくある住宅メーカーとの違いは何ですか?

一番の違いは地元であることです。弊社スタッフも湖北地方出身で、気候風土をよく知り、その土地にあったご提案が出来るというところです。また、家の間取りや、カラー、雰囲気に決まったものはなく、ひとつひとつお客様とお打ち合わせを重ねながらの工事になりますので、そのご家族だけの特別な家を作り上げることが出来ます。

ページの先頭に行く

12. 会社の所在地から離れていますが、可能ですか? 

弊社は福井、京都、岐阜でも工事実績があります。まずはお気軽にお電話ください。

ページの先頭に行く

13. 間取りや見積を出してもらうのに費用はかかりますか? 

初めてのお客様には無料プラン設計というお申し込みをしていただき、無料でその土地にあったプランを設計させていただきます。そのご提案で弊社にご依頼をいただきましたときに、初めて費用が発生します。詳しくは、ご相談から施工までの流れのページをご覧ください。
URL http://www.tokuehome.com/guide/flow.html

ページの先頭に行く



リフォームについて

14. リフォームってどのようなことをしてくれますか?

キッチンの入れ替えや、クロスの張替え、ちょっとした修繕などリフォームにはいろいろありますが、弊社のリフォーム工事というのは、『もっと住みやすくするため』の工事全般を示します。

ページの先頭に行く

15. リフォームの工事は何日くらいかかりますか?

工事にかかる日数が工事内容や建物の状況により変わってきます。弊社では、その都度お客さまに合わせた工程表を作成しています。
目安としては、内装工事は1週間、ユニットバス・キッチンの交換などは7~10日、大型リフォーム(水周り交換、間仕切り変更、内外前面改修)ともなると、新築と同じくらい3ヶ月から4ヶ月かかることもあります。工事内容にとっては、リフォームは新築より複雑で、新築よりも工期がかかることもあります。
また、解体してから問題が見つかることもあるため、そのための工事の再検討や、打ち合わせが必要になってくることもあります。(例えば、図面とは違う位置に柱があった、など)

ページの先頭に行く

16. 住みながらでも工事も可能ですか?

住みながらでも大丈夫です。お客様の多くは住みながら工事をさせていただいております。

水周りの工事で数日使えない日が出てきてしまう場合は、お客様と相談をし、仮のお風呂やトイレ・キッチンなどを用意させていただきます。あくまで仮設の設備ですので、快適とはいえませんが…弊社でも仮設を使っていただく期間がなるべく短くなるよう努力しております。

ページの先頭に行く

17. 工事中の仮住まいが必要な場合はどうしたらいいですか?

仮住まいが必要な場合は、弊社から仮住まいの物件のご紹介をさせていただくことも可能です。

ページの先頭に行く

18. 一日の工事は何時から何時までですか?

職人さんや業者さんは季節にもよりますが、だいたい朝8時から夕方6時です。

お客様のご都合により時間は調整致しますので、ご相談下さい。

ページの先頭に行く

19. 住宅のリフォームで間取りの変更は自由に出来ますか?

家屋の構造によってはできないリフォームがあります。
以下、代表的な構造でお答えします。

在来工法(最も多い一般的な木造住宅)
木造住宅の中では、法的な規制を守ればかなり自由にプランできます。
ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設けるときは、補強なども必要なので検討が必要です。

2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)
この工法の場合、壁で建物を支えるため、間取り変更は難しいです。間仕切りを取る、壊すなどの工事はお勧め出来ません。

プレハブ工法(メーカー系住宅など)
メーカーにより材質や工法は車種多様にあります。ですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、開口部を設けたり壁を取り除いたりには制限があります。

鉄骨造
鉄骨造は柱と柱の距離が長く取れますので、間取りの変更は比較的自由にできますが、外周部にブレース(=筋交い)が入っている場合、開口部や壁を取り除くことには制限があります。

鉄筋コンクリート住宅
柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられている場合、その壁は壊せません。構造躯体が鉄筋コンクリートですので、壁を抜くような構造そのものを変更することはできません。

ただ、内部の間仕切壁は自由に移動させることができます。

ページの先頭に行く

20. 相談や、見積もりをお願いしたらしつこく営業してきませんか?

お見積もりやプランニングをしたからといって、頻繁にお電話したり、アポイントなく訪問したりすることはありません。
リフォームの場合は、実際のお家を見せていただかないと正確なお見積もり、良い提案は出来ませんが、おおよその工事費用の目安が知りたい、どのような工事になるのかだけでも結構ですので、お気軽にお尋ねくださいね。

ページの先頭に行く

21. リフォームでの防音や遮音対策はできますか?

壁や床のボードを2重貼りにしたり、グラスウールを入れたりする方法があります。
また、窓に内窓(内付けサッシ)をつけるだけでも防音、遮音効果はかなり良くなります。

ページの先頭に行く

22. リフォームで住宅の断熱はできますか?

断熱材が入っていない箇所に断熱材を入れることはもちろん、内付けサッシを取り付けることで断熱性能を高めます。サッシの交換も考えておられる場合、断熱性能の高い樹脂窓をお勧めしています。
また、断熱工事と同時に防湿対策、換気対策を行い、結露の軽減も考慮しておく必要があります。

ページの先頭に行く

23. 工事費以外でかかる費用はありますか?

大型リフォームでは、多くの業者が出入りし、資材やごみなどを置くスペースが必要になってきます。そのためお施主様には駐車や、資材を置くスペースをお借りしています。敷地内に駐車場がない場合、近くの空き地や駐車場をお借りする必要があります。
また、仮住まいをする場合は、家賃や引越し代がかかります。
その他には、照明器具や、カーテン、家具、家電なども考えておくと良いでしょう。
またローンを組まれる方であれば、その事務手数料など必要になります。

ページの先頭に行く

24. スムーズに家造りを進めるポイントはありますか?

今のお住まいでどこが不便なのかをメモしておくことをお勧めします。(例えば、寒い、暑い、物にあふれていて片付かない、かびが生えていて気になる、お風呂のお湯がすぐさめてしまう、など)
その中で優先順位を決めておくと、予算配分で迷ったときの決め手になります。
これからどんな家に住みたいかをご家族みんなで話し合い、そのイメージにあった写真やカタログをお打ち合わせのときにお見せいただけると良いと思います。
また、思い出の家具や和室の欄間など、リフォーム後も再利用したいものがあれば、打ち合わせ時にお伝えください。

住宅設備器具に関しては、ショールームに行って頂き実際に見て、体験してもらいながら決めていただきます。その際は弊社スタッフも同行させていただき、お客様の想いを汲み取ったアドバイスをさせていただきます。

ページの先頭に行く

25. だいたいの目安として、築何年くらいでリフォームや機器の取替は必要ですか?

内装、外装、住宅設備機器等は、住まいの状況や使用材料によっても異なります。
以下、大まかな目安をお答えします。
*キッチン、浴室、トイレ、洗面所などの住宅設備機器
10年~20年ごと。給排水管、ガス管などもチェックしてあわせて取り替えられるといいでしょう。
*塗壁、ビニールクロス貼替、カーペット、フローリングの貼替
10年~15年ごと
*外壁の塗替え
約10年~15年ごと。※塗料の種類により異なります。
現在は、高耐久性の塗料や上から重ね貼りできるサイディング等、種類も豊富です。
耐久性や予算を考慮して検討されるといいでしょう。
*屋根の葺き替え
20年~30年ごと。※材料により異なります。
屋根の場合は、割れの補修や樋の取り替えなども必要です。

ページの先頭に行く