会社紹介
Company
HOME会社紹介
トクエホーム 西川技建工業【滋賀県 長浜市】
一戸建、新築、リフォーム店舗で〃憧れの暮らし方〃をデザインします。
湖北の厳しい気候風土から学んだ、夏涼しく、冬暖かい自然派注文住宅「通気断熱WB工法」による正しい家づくりに邁進し、子供たちのぜん息やアトピーに良い空気のきれいな健康住宅を提案しています。
また、毎月の光熱費に着目したゼロ・エネルギー住宅【耐震バランス設 計、WB工法、太陽光発電システム、HEMS】を搭載することで、毎月の支出を抑えたパパ・ママに優しい家づくりに挑戦しています。


▸ 会社概要

▸ アクセスマップ

▸ スタッフインタビュー

▸ スタッフ紹介



社長ご挨拶

代表取締役 西川徳衛

「憧れの暮らし方をデザインする」それがトクエホームのコンセプトです。

やすらぎとゆとりをもたらすデザインとは・・設計力と提案力で決まります。
家族のこと・・将来のこと・・敷地のこと・・周辺環境など、 お客様のお話をじっくりと伺うことから、トクエホームの家づくりは始まります。

注文住宅のプロとしての豊富な知識と経験を活かし、インテリアからエクステリアまでトータルなデザインをご提案します。
新しい住空間を創造し、安らぎやゆとりに満ちた日々が楽しめるよう、ご家族それぞれの暮らしをデザインしていきます。

いつまでも快適に暮らせる家づくりとは・・シンプルで機能性にこだわって実現することだと思います。
仕事・子育て・趣味などライフスタイルはそれぞれです。お部屋の間取りや使い方、品のいい住宅設備やインテリア、ご家族の数だけ暮らし方は異なり、住まいのカタチも違ってきます。
トクエホームの家づくりは、将来にわたってご家族の多様なニーズを活かせる自由設計の注文住宅にこだわっています。


トクエホームの「絆の宿る家」とは・・「強さ」と「快適さ」、安心品質へのこだわりが「宿る家」なのです。

当社は、耐震バランス設計による「長期優良住宅」仕様をクリアした住宅を設計方針としています。
この品質管理体制は、トクエホームのこれまでの豊富な知識と経験を活かして作り上げ、地震や劣化に強い家づくりを実現しています。


トクエホームでは、常に新しい機能を備えた省エネルギー住宅を目指すことで、お客様の満足度の高い住宅を提供していきます。
そしてこれからも、地域に密着する建設会社として積極的に事業領域を拡大してまいりますので、皆様方のより一層のご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

代表取締役 西川徳衛


会社概要はこちら

社長の生い立ち

すべての人たちに「感謝!感謝!」です。

建設業界に携って31年目です。

最初は公共工事の現場監督として仕事を覚え、やがて主任と呼ばれ所長としても頑張ってきました。

しかし、地域に根ざす筈の工務店の姿勢が、談合や順番制で仕事を回し合う仕組みが嫌になり、
またお客様に対する感謝の気持ちより、売上や利益優先で競合し合う経営陣にも疑問を持つようになりました。

そこで独立を考えました。
しかし、現場の技術畑で経営のノウハウを知りません。
何からどのように取組めばいいのか判断できません。

そこで、取り急ぎ営業を覚えることだと考え、建築営業が出来る地元商社に就職しました。
人気な製品や原材料の卸部門は、電話一本で何百・何千万円もの売り上している傍ら、
拾い出しや見積り作業などのコツコツ地道な工事管理に翻弄されていました。

おりしも好景気に入り、各メーカーの建築商材の値引き合戦が始まり、
営業力と人脈に乏しい私は、決して成績優秀とは言えませんでした。
しかし、会社ノルマや成果主義といった社会の厳しさを知り、改めて会社経営の難しさを教えられました。

独立後は、「楽しくなければ仕事ではない!」を決意し、
決して一人では仕事を成し遂げられない事を学び、営業スタッフや協力業者とのチームづくりの大切さを学びました。

そして、無我夢中でお客様のお役に立てればと・・ひたすら頑張ってきました。
おかげ様で多くのお客様に支えられて今の私がいます。
嬉しいことに今でも家族の付き合いや友達付き合いをして頂いているお客様もみえます。

この幸せは、この職業を一生の仕事にして本当に良かったと心から想えることです。

トクエホームを選んでくれたお客様、そしてトクエホームを支えてくれる仲間達、
協力業者様、職人さん達【すべての人たちに「感謝!感謝!」です。】

そして、なにより一番理解を示してくれている妻と、子供たちに「ありがとう!」と言います。


ちょっと恥ずかしいけど・・・
僕の生い立ちを公開しちゃいます。

誕生日 昭和30年2月15日です。
左官屋さんの父と、農作業に励む母の元に生まれました。

保育園 古保利保育園
川岸にはねでた桜の枝から川に落ちた経験があります。オネショが止まらず恥ずかしい思いをしていました。

小学校 古保利小学校
自分の名前は2年生まで書けませんでした。算数の九九は5年生まで暗記できませんでした。でもガンバリヤサンだったようです。
5年生の春休みに、突然父親が交通事故で亡くなり、母一人の稼ぎで生きていかねばならない試練を味わいました。今の自分がいるのは母の苦労のおかげだと感謝しています。

中学校 香南中学校
大好きな巨人の星に憧れ野球部に入部するが万年補欠でした。いつかレギュラーになりたく頑張りましたが、一度も試合にも出た経験がありません。でも逃げ足だけは速かったそうです。

高 校 長浜北高等学校
学校をズルすることを覚え、だんだんと成績も下がり英語と国語は赤点だったと思います。内申書が怖くて見られなかったです。


卒業後

大学受験するも失敗し、その後京都の関西文理学院という予備校へ通いました。
家も貧しく学業のためにバイトした事がきっかけで、お金儲けする喜びを知り、遊びに夢中になってしまいました。おかげで大学受験をあきらめ漠然と街中をさ迷っていました。

19歳の春、京都駅前で自衛官の勧誘員に声を掛けられ、知らず・知らずのうちに自衛隊に入隊していました。毎日体を鍛えられ厳しい訓練や演習などを経験し、しつけや道徳も学びました。
貧しかったせいか、お給料が頂ける上に食べる飯に困らないことで、妙に馴染んでしまい4年間を過ごしました。おかげで体力検定一級になりレンジャー部隊も経験させて頂きました。

長男のため4年で退官し、地元企業に就職しようと斡旋してもらった所が蕎麦屋の製麺所でした。すぐに馴染めないと判り、大工していた叔父さんにお願いして、地元工務店に飛び込みで就職させてもらいました。

最初の仕事は屋根瓦を屋根から一枚・一枚手渡しで降ろす作業でした。先輩にバンセンとシノを持ってこいと言われ、なんの道具かわからず、重たい道具箱ごと運んだことが思い出されます。
そんなこんなで数年が経ち建築には建築基準法なり、2級建築士から1級建築士の資格があることを知り愕然としました。
普通科の高卒で建築に興味が有る訳では無かったからです。
でも付いた仕事が現場監督である以上、建築資格が必須だとは理解できました。
妻と出会い子供にも恵まれ幸せな結婚生活の影で、建築士という資格取得のため
の苦労と努力の始まりです。
現在は1級建築士ですが10年かかりました。自分の決意と自助努力もありますが、
妻やおふくろの支え無しでは頂けない資格だったと思います。

私には3人の子供がいます。その長男の誕生についてですが、お母さんのお腹の中で心音が停止し緊急の帝王切開手術で誕生しました。
予定日より2週間早まりました。そして、すぐに子供の開腹手術になり心臓を圧迫していた腸の切除手術で一命を取り留めました。
術後は栄養価の高いミルクと母乳を病院まで運びながらの世話が続きました。半年が過ぎ、長男の様態も安定してきた頃、今度は妻が病に倒れてしまいました。脳出血で意識不明の危篤状態です。脳幹部の脳室部分にも係わらず、幸いにも2度にわたる手術が成功し一命を取り留めました。現在は看護師として頑張っております。

子供たちは成長し、それぞれの道に進むべき努力しています。それぞれが高い目標を持ち、やはり国家資格に挑戦しようとしています。
長男は公認会計士に、長女は建築士を、次女は大学受験に挑戦しようとしています。親の僕が成し得なかったことに挑戦している子供たちが夫婦の自慢です。これからもお客様から好かれ・頼られるような社長になれるよう日々精進したいと思います。

私には自慢できる趣味はありません。子供の頃は、雪深い処なので竹スキーを作り遊んでいました。
そのせいか40歳を過ぎるまでスキーには興味を持ち、いろんなスキー場に行きました。春スキーはもちろん5月の連休まで立山で滑り込んでいたぐらいです。その後ゴルフや鮎釣りに興味を持つのですが極める所までは行けておりません。
現在は、村のゴルフクラブと登山クラブに所属して、年に数回のゴルフと登山を楽しんでおります。その体力維持のために毎朝の散歩を日課に頑張っています。

将来の夢は、トクエホームを末永く繁栄させることです。
そして、大きく世の中の変革を期待するならば、自給自足のサイクルを回したいです。経済成長を求めるあまり食の偽造や、耐震偽造といった偽物がはびこるのです。日本は世界一の長寿国家ですが、一方では、職に付けず苦しんでいる人がいます。
もうこれ以上、国外依存型の経済成長を期待するより、内需の衣・食・住環境を整え自給自足のサイクルを創造したいです。


営業エリア

滋賀県長浜市、滋賀県彦根市、滋賀県米原市、滋賀県高島市、滋賀県近江八幡市、福井県敦賀市



ページの先頭に行く